ニュース

2011年06月26日

ツーバイフォー住宅は昭和49年日本において木構造建築手法としてオープン化され、 以来 2X4建築協会の数々の実大実験により その性能を実証し続け、 今でも 日本における 高性能木造住宅の先導的モデルとして 他の工法 を  [...]

2011年06月26日

家の使命の第一義は 【命を守る性能を持っているか!?】です。 テレンス・コンラン卿は著書の中で 「ど のような【生活スタイル】をもってしても住む家として求められる基本性能の安心が提供されなければ、自分のスタイルを表現する [...]

2011年06月26日

スケルトン・インフィルとは、建築物を構造躯体と仕上げ、設備に分ける考え方で、住宅などの可変性を評価するキーワードになります。 この考えは、あらかじめ住宅の耐用期間内の想定可能な間取り変更のニーズを予測して、新築時に動かせ [...]

2011年06月26日

木造住宅の 断熱性・気密性・遮熱性が Co2削減に貢献するか考えてみましょう ▽冷暖房効率の高い住宅をつくることが 環境問題に貢献できると考えます ▽気密性・断熱性・遮熱性の優れた住宅はなぜエネルギー消費を抑えると言える [...]

2011年06月26日

平成12年10月に適用開始された「住宅性能表示制度」の温熱環境では、一般消費者等に対して分かり易く情報を提供するために、新旧の省エネルギー基準の性能水準を等級として表示しています。 品確法の対策等級 省エネルギー基準 等 [...]

2011年06月26日

ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい工法となっています。 また、外壁室内側のせっこうボードの下側に全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値) [...]

2011年06月26日

現在、最大の環境問題となっている京都議定書に定められた温室効果ガス(CO2)の削減を達成するには、住宅の省エネルギー化がテーマです。そのため協会は「環境行動計画」を定め、その目標に向けて会員会社は積極的にツーバイフォー住 [...]

2011年06月26日

ツーバイフォーで建てられた長寿の建築物は国内外に多く現存しています。いまなお人々に愛され続けている歴史的建造物の数々は、ツーバイフォー住宅の優れた耐久性を、何より雄弁に語り尽くしています。 冨永様邸外観(大正14年頃建築 [...]

2011年06月26日

住宅性能表示制度の「劣化の軽減に関すること」は材料の劣化を軽減する(劣化の進行を遅らせる)ための対策が、どの程度講じられているかを3ランク(等級)で評価します。等級が高いほど耐久性があることにつながります。 構造躯体等に [...]

2011年06月26日

▼木材乾燥設備 ツーバイフォー住宅では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用。さらに、さまざまな 方法によって万全の湿気対策を行います。湿気や結露への徹底した対策によって、ツーバイフォ [...]

Page 3 of 712345...Last »