ニュース

2011年06月18日

ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい工法となっています。 また、外壁室内側のせっこうボードの下側に全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値) [...]

2011年06月18日

次世代に残す住宅を考えるとき欠かせない『将来の可変性の問題』 私達ケントミヤザキはスケルトンインフィルという考え方で設計しています。 スケルトン・インフィルとは、建築物を構造躯体と仕上げ、設備に分ける考え方で、住宅などの [...]

2011年06月18日

約30年前、カナダ政府が提唱する【R2000】という省エネルギー住宅を見て私達は驚愕しました。 しかも伐採された木材の植林から加工まで一連のサイクルを管理運営する事を産業として成立していることに下降する日本の林産業と比較 [...]

2011年06月18日

私達、住宅建築の専門家として考えるべき  住宅から考える 環境への配慮 とは 何故家が必要なのかという 最も根幹的な性能に付いて論議する中で産まれてくるものです。 何故家が必要なのか? その理由は 安定して休息をとる = [...]

2011年06月18日

地球温暖化を止めるためには、石油や石炭などの化石燃料の消費によるCO2の排出を減らすことが重要です。 それに並ぶ有効な手段と言われているのが、「大気中のCO2を吸収して地球上に固定する」こと。 「固定化」というのはちょっ [...]

2011年06月07日

恒久のHP-Year’sが上棟しました。 外観は最近、長期優良住宅の意識の高まりから 再評価されているイングリッシュコロニアルのインスパイアーデザイン。 分譲されている廻りのお家の中でひと際 きれいです。 デ [...]

2011年06月07日

進行しておりました、神戸市のホームビルダー『ハイランド』さんの住宅が完成し 完成見学会が開催されます。(もちろん神戸で) 今回、ケントミヤザキは基本設計とデザインをお手伝いさせて頂きました。 ハイランドさんが しっかり施 [...]

2011年05月30日

合気道道場の壁を必要な壁だけを残して増床。思い存分稽古が出来るようになりました リフォームしやすい理由1 構造上のルールが明確であること 最初に申し上げておきたいのは、ツーバイフォー住宅は決してリフォームしにくいものでは [...]

2011年05月20日

好いです。好いです。クラッシックで新しい感じをよく出してくれました。 神戸という土地柄、住んでいる人にも洋風デザインはとっても受け入れ易いデザインだと思います。 でも古いだけでなく現代的に洗練された雰囲気が出せれば うれ [...]

2011年05月20日

Page 5 of 7« First...34567