ニュース

塗り壁材:スタッコフレックス


 


 

「弾性塗料」という名で市場にでているものは国内でもいくつかあります。それらと「スタッコフレックス」の仕上がり時点を比べてみても、その違いを見分けられる方はおそらくいないでしょう。

 

では、何故わざわざ新しいものに目を向けるのか。

 

端的に言えば、「壁のメンテナンス」に対する要望が施主様はもちろん業界内でも多いからです。

 

外壁は24時間365日、風や雨、太陽にさらされ、常に自然から目に見えない力を加えられています。仕上がり時にはあったはずの弾性が、時と共にゆっくりとではあるが落ちていき、固くなってしまう。

 

仕方のないことですが、塗料は目地処理で痩せたコーキングのへこみを拾ったり、サイディングのひびに追従できずにクラックとして顔を出してきます。

 

そして塗り替えを決断。

 

しかしこのサイクルがおおよそ8~10年周期(周辺環境によっては更に早いでしょう)でやってくると考えた時、それは家計の大きな負担となります。クラックの放置は雨水をため込み、長期間の放置は躯体への影響を考えると無視できません。

 

だからこそ、この「外壁メンテナンス」のサイクルを出来る限りゆるやかなものにできないか、常々探していました。
そして我が社でも採用に値すると判断したのが「スタッコフレックス」です。

今回、私たちが特に注目したのはその弾性の維持期間が他よりもずっと長いという点。

すでに開発から30年の時が経っており、施工の実例を重ねてきている点は判断する上で重要なことでした。そして国内でもいち早く取り入れている塗り壁屋さんと協力関係が築けたことも採用する上で大きかったです。

 

今では世界22ヶ国で採用されており、アメリカでは、住宅のクラックに関する訴訟に関して保険会社から補修指定材料に推奨され、UCLAやシアトルにあるマイクロソフトのビルなどでも採用されているとのこと。

 

もちろん凡庸なものと比べても初めにかかる材料費が変わらないとは言いません。しかし、塗り替えのような大掛かりなメンテナンスのサイクルが減ることを考えていただければ、コチラのほうがコストパフォーマンスは断然優れています。

 

スタッコフレックスは、1982年に米国で開発された超弾性塗り壁材(スタッコ)です。
(JIS-A-6909 建築用仕上げ塗材防水形外装薄塗材 E)

 

従来の樹脂系塗り壁材では、数年後どうしても発生していたクラックを、スタッコフレックスが持つ驚異的な伸縮性能でクラックを防ぐことが特徴であり、骨材として純白で不純物を含まないカルシウムサンドと超弾性アクリルエマルジョンを使用することにより、性能の均一性と耐久性を高めております。

 

寒帯から熱帯までどの気候条件下でも優れた耐候性を発揮し、通気性・耐損傷性・防火性(不燃材認定)・防水性に優れ、多くの性能を有するのが特徴です。

 

従来の樹脂系塗り壁材では、大壁工法で施工した場合であっても、経年変化で目地に沿ってクラック発生やパテやコーキングの痩せ、通気性が無い為に壁面の膨れ等の問題が起こり敬遠されてきましたが、スタッコフレックスを施工することで解消されます。

他社では真似のできない伸縮性能

スタッコフレックスは、ログハウスのチンキング材(丸太のジョイント部に打つコーキング材)で圧倒的シェアを持つパーマチンク社の技術を応用して開発された商品で、そのログの大きな伸縮に追随し超伸縮性を求められるチンキング材の特性をスタッコに応用している為、他社製品には真似のできない伸縮性能を実現しています。

 

伸長率2.05と大変優れた伸び率を実現しています。スタッコフレックスは、その結果優れた伸縮性能により、建物の拡張収縮によるクラックが極力防げます。塗厚の約70%までの幅のクラックをカバーします。

建物を守り、人や環境に優しい

スタッコフレックスは、純白で不純物を含まないカルシウムサンドと高品質アクリルポリマーから作られています。カルシウムサンドは鉄分を含まず粒子が箱状の為、表面に食いつきやすく伸縮性も格段に増します。施工後の骨材の錆びによる、剥離・ひび割れによる水の浸入などから建物を守ります。

 

また、可塑剤を含まない純度100%のアクリルを、独自の最先端技術によりアクリル本来の耐久性を維持したまま塗料化を実現し、有機溶剤を一切使用しておりませんので塗料独特の嫌な匂いもせず、体にも環境にも配慮された優れた塗料です。

防水性能と通気性能の実現

スタッコフレックスは、高分子ポリマーの特性によって防水性に富んだ上に通気性にも優れ、これにより外壁通気性を保ちながら壁内結露の原因軽減や水分によるコンクリートの劣化原因の軽減にもなります。また、カビや藻などの発生も防ぎます。スタッコフレックスは建物を保護し呼吸する塗料です。

カラーバリエーション

※モニターによって見える色が異なりますので、必ず色見本帳にて確認の上、ご採用ください。
※特注調色への対応(別途追加料金)もしておりますが、原色や濃色にて性能への影響が大きい場合調合不可となる場合がございます。

製品一覧

仕上材 FINE ファイン 骨材(約0.9mm) 19L/27kg/缶

内外装:吹付け・コテ塗り向き
標準施工面積(2回塗り/塗厚約1.6mm)
吹付け:約15m²/缶 コテ塗り:約11m²/缶
▼清水にて希釈可。
▼シーラー処理必須。

 

仕上材 SAND サンド 骨材(約1.5mm) 19L/27kg/缶

内外装:吹付け・コテ塗り向き
標準施工面積(2回塗り/塗厚約1.6mm)
吹付け:約15m²/缶 コテ塗り:約11m²/缶
▼清水にて希釈可。
▼シーラー処理必須。

 

仕上材 PUTZ プッツ 骨材(混合) 19L/27kg/缶

かき落とし専用
かき落とし専用の仕上げ材の為、施工要領書に沿って施工して下さい。
SANDベースに約2mmの骨材を配合
▼清水にて希釈可。
▼シーラー処理必須。

 

仕上材 RENEW リニュー 骨材(パウダー状) 19L/19kg/缶

内外装:ローラー塗り・吹付け・ペイント仕上げ向き
標準施工面積 (2回塗り) ローラー:約85~95m²/缶
▼超弾性ペイントの為、ヘアークラック等の上から塗装・補修できます。
▼無希釈。
▼シーラ―処理必須。

 

下地処理材 プライムシール 19L/19kg/缶

スタッコフレックス純正シーラー(水性・無稀釈)
標準施工面積(1回塗り) ローラー:約90〜100m²/缶
▼下地面のゴミ、ホコリ等を除去し、乾燥しているのを確認してから、ローラー、ハケ等で施工してください。
▼乾燥時間は約2~4時間。(天候等により差があります)

 

下地処理材 ベースコート 23L/27kg/缶

外壁補強・目地埋め・下地調整用樹脂モルタル
全面塗り:約15~㎡/缶 ※用途によって使用量が変わります。
例(目地処理のみ or 全面塗り)
▼乾燥時間は約12時間。(天候等により差があります。)

 

下地処理材 6”JOINT MESH TAPE ファイバーメッシュテープ

ファイバーグラス製ジョイント補強テープ
W=152mm x L=45m/本
▼降雨などで濡れてしまうと粘着力が低下します。

2015年02月14日